妊活歴が2年を過ぎて病院を受診した看護師の30代女性がクロミッドを処方されるも変化なく、骨盤リセットの施術を受けて1か月後に妊娠反応が出た成功事例。

更新日:

この記事を見ているあなたは、病院で処方された薬を飲み続けてもまったく変化する兆しもなく、自然妊娠をするのは無理なんじゃないか?と思っているのではないでしょうか?

当院のクライアントだったBさんもそのように感じて半ば諦めていました。

ですが、私と出会って1か月後に自然妊娠することができました。Bさんはどのようにして自然に妊娠することができたのか?その秘訣をお伝えしていきます。

クロミッドを処方されるも変化が乏しいため服用量が増し、それで陽性反応が出なかった場合は注射をしましょうと勧められるが、もともとBさんは薬を使うことを希望していませんでした。

 

看護師のBさんは、いわゆる二人目不妊といわれる、一人目の妊娠はすぐにできたものの二人目の妊娠が難しくなかなか妊娠できないという状態でした。

始めて来院されたときには、ひとり目のお子さんが3歳のとき。一人目のお子さんを出産後、すぐでも二人目が欲しいと思ったBさんは、一人目のお子さんのときと同様にすぐに妊娠するものと思っていました。

ところが、二人目のお子さんを妊娠するために妊活をするも2年経たっても妊娠しない。最近は月経の周期も乱れがちになってきて、これはおかしいと病院を受診したところ、「無排卵月経なので排卵誘発剤を服用して様子をみましょう』とクロミッドを処方されます。

2か月が経過しましたが妊娠することのなかったBさんは『排卵誘発剤の量を増やしてみましょう』と提案されクロミッドの量が増えます。そして医師より、『それでも妊娠しないようであれば、注射(ゴナドトロピン製剤)をします』と。

しかし、Bさんは初めから確率を高めるという目的のため薬を用いたくなかった。優しいBさんは熱心な医師からの提案に異を唱えることができなかったのですね。

それで、当院に通院して妊娠した職場の同僚看護師から紹介され当院を受診されました。当院で骨盤のゆがみをチェックしてみたところかなり骨盤がゆがんでいましたので、骨盤の矯正を週に1回のペースで続けました。

4回目の施術の数日後には本来であれば生理が来るべき日でしたが、生理が来ないため妊娠検査薬を用いて検査したところ、妊娠の陽性反応が出ました!

生理不順と生理痛に約6か月間悩んだBさんが骨盤リセットの施術を開始して約1か月後に自然妊娠した3つのポイント

1.生理不順とツライ生理痛には骨盤のゆがみをうたがってみる。

私の考える生理不順とツライ生理痛の最たる原因は骨盤のゆがみです。骨盤のゆがみによって血液の流入が妨げられ、生殖器官(卵巣・子宮)の本来の機能が十分に発揮されていないのです。

2.生理不順は骨盤のゆがみと併せておなかを柔らかさを維持する。

骨盤の矯正と併せて用いると効果的なのがおなかのマッサージです。中医学(東洋医学)では“お餅のようなやわらかいおなかに赤ちゃんが宿る”と言われています。

3.やわらかくなったお腹は無理に温めない。夏場はTシャツインで十分。

お腹を冷やさない。これは妊活の基本。だからといって、ホッカイロを貼ったり冬用の毛糸の腹巻で汗ダラダラ…これってなんだかヘンですよね。夏場はTシャツインで十分。冬は体調に応じて温めるのもいいでしょう。

 

お客さまの声

 

竹内:こちらに来ていただく前は、どんな状態だったのですか?

Bさん:赤ちゃんができにくとか、腰痛で困っていました。

 

竹内:赤ちゃんができにくいということで、実際、病院などへ行かれました?

Bさん:はい。通ってました。

 

竹内:どんな治療をどのくらいやっていました?

Bさん:もともと生理不順で生理がきていなくって、排卵もしてなかったので、クロミッドの内服を半年くらい。

 

竹内:それで、こちらに来ていただいて、それでどうでした?

Bさん:骨盤の矯正とか、鍼・お灸をしてもらって、来院から1ヵ月で自然妊娠の反応がでてくれましたね。

 

竹内:ご家族の方も喜んでみえました?

Bさん:驚き。びっくり。でしたね。

【おわり】

妊活プレップ整体個別相談はこちらから

 

 

 

 

 

-お知らせ情報, 患者様の声
-, , ,

Copyright© ぽっかぽか治療院|妊活プレップ整体 , 2018 All Rights Reserved.