片頭痛で薬を毎日のように服用に服用することに悩まされていた看護師の30代女性が、骨盤リセットを受けて頭痛薬を飲まなくても日常生活を送れるようになりいつも感じていた重い肩こりも解消し、望んでいた時期に自然妊娠できた成功事例

更新日:

こちらの記事を見ているあなたは、妊娠したい。でも毎日のように襲ってくる片頭痛のためクスリを飲むことを諦めないといけないし・・・どちらを取るべきかと悩んでいるのではないでしょうか?

看護師の30代半ばのKさんは幼少期から頑固な肩こりと頭痛薬が手放せない片頭痛にもなやまされていましたが、通い始めて2週間目には肩こりもなく、クスリを飲まなくても日常生活が送れるようになり、その後、結婚してすぐに望んでいた妊娠をしました。

では、いったいKさんの片頭痛と肩こりの原因は何で、何をしたことでKさんは片頭痛を感じなくなり自然妊娠までされたのでしょうか?その秘訣をお伝えしますね。

妊娠するために必要なことは、骨盤リセットで骨盤をゆがみのない状態に戻し血流をよくして肩こりを感じずに日常生活を送れるようになること。

 

偏頭痛で頻繁に薬を服用していたのですが、妊娠を希望していたのでなるべくなら薬は飲みたくない。そのようなお悩みをもっておられました。骨盤リセットを続けるうちに頭痛薬を飲まなくても安定した日々を過ごせるようになって自然に妊娠しました。

看護師のKさんは幼少期(小学校高学年くらいから)慢性的な肩こりで悩んでいました。高校を卒業して看護学校に入学し看護師を目指すために遅くまで勉強をするようになったら片頭痛もおきるようになりました。

晴れて看護師になってからも片頭痛は続き、1カ月に2~3回程度だったものが、1週間に2~3回と少しずつ頭痛になる頻度も増えてきました。

病院に勤務している最中でも片頭痛はやってきます。その都度クスリを飲むことでいったん痛みは収まるのでその点ではいいのですが、30代に入り結婚を機に妊活をしようと思っていたところ、クスリを常用していてはよくないと感じ友人に紹介され肩こりと頭痛の両方を改善したいと来院しました。

肩を揉めば肩こりは治ると思い、マッサージ屋さんに行って肩を揉んでもらったところ肩こりがスッキリ!したのでこれはいいなと思っていたら、翌日にはすぐにもとどおり肩こりを感じていたKさん。上向きで寝た時に肩をすくめたように両肩が上がっています。

そこで、私が両足を「大の字」で寝るみたいに両方の足を60度くらい開くと肩が下がり、大の字に開いた両足を真ん中に戻すと(足を閉じると)再び肩が上がってきます。

足を動かすと肩が動く・・・。私はこの方の肩こりは骨盤のゆがみが原因だと断定しました。マッサージ屋さんが悪いのではなく、筋肉をほぐすと治るタイプの肩こりではなかったということ。

骨盤リセットで股関節を矯正したところ、再び上向きで寝て、大の字になっても、足を閉じても肩は下がったまま肩はいい感じになりました。

そして、続けて、あおむけに寝た状態でお腹に手を置くと「首から後頭部のあたりにじわ~っと血液が流れてきたような感覚がある。といいます。私はこの方の片頭痛はおなかの硬さによるものと断定しておなかのリンパを促す施術を行いました。

施術が終わり立ち上がると、「頭から足先まです~っとした感じがして身体全体が軽くなったような気がする」という感想でした。

この施術を10回ほど行ったときに片頭痛も肩こりも感じずに過ごせた。と本人から嬉しい報告があったので、肩こり片頭痛の施術はこれにて終了。

肩こりや片頭痛で不快な状態にならないためにメンテナンスとして、1カ月に1~2回の頻度で来院され、その間に、ご結婚され、結婚後はすぐにでも妊娠したいと考えていたKさんでしたが、結婚後、4か月目に妊娠がわかり今は二児のママとなって、看護師と主婦業を両立されています。

クスリを飲まないと仕事ができないほどの片頭痛と慢性的な肩こりがある人は必見。通院開始から3か月ほどで頭痛薬を飲まなくても日常生活が送れるようになり、無事に男の子を出産することができた3つの理由

1.肩こりや片頭痛の原因は骨盤のゆがみによるリンパや血行不良が原因だと知る。

Kさんは『肩こり』は肩をマッサージして硬くなった筋肉が柔らかくなれば肩こりがなくなるはず。と信じてマッサージ店に1年ほど通われましたが変化はおきませんでした。

ところが、骨盤を矯正することでその上の首や肩回りといった上半身のリンパの流れや血行がよくなり片頭痛も楽になったのです

 

2.頭痛薬は根本的な解決にならない?!正しい頭痛薬の使い方を知る。

頭痛薬に含まれている成分のひとつに筋肉の弛緩作用があります。薬を飲むことで筋肉が柔らかくなり痛みの感じ方が変わります。しかし、できたら常用せず、楽になっている間に頭痛が起こりにくい状態(骨盤のゆがみがない状態)にして、そして維持できるようにしたいものです。

 

3.骨盤のゆがみは1回だけでは治らない。続けることで体が正しい状態を覚えていきます。

残念ながら骨盤のゆがみは始めの数回はもとに戻ってしまうことが多いです。根気よく続けていくことで元に戻らない状態になることができるのです。

患者さまの声

竹内:ここへ来る前はどんなことで悩んでましたか?

Kさん:肩こりで片頭痛があって、くすりを毎日のようにのまなきゃならない状況で、友達にいい整体あるよと紹介されてここにきました。

竹内:肩こりとか片頭痛はクスリを飲んでいた時と比べて状況はどうなりましたか?

Kさん:通い始めて凝っていたのが整体してもらうと楽になって、骨盤がゆがんでいるとダメな理由を教えてもらえたし、薬を飲まなくても大丈夫になったのでよかったなと思いました。

竹内:そのほかには通院前と変化ありましたか?

Kさん:妊娠もしたかったので薬は飲みたくなかったので、薬を飲まなくても大丈夫になったら妊娠しようとおもっていたら妊娠の妨げになる骨盤のゆがみも治してもらったら、予定通りに妊娠できました。

竹内:どれくらいの期間で通院しましたか?

Kさん:(からだのメンテナンスで)ずっと通ってて、赤ちゃんをつくりたいときにできた。という感じです。

 

妊活プレップ整体個別相談はこちらから

-お知らせ情報, 患者様の声
-, , , ,

Copyright© ぽっかぽか治療院|妊活プレップ整体 , 2018 All Rights Reserved.